<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

12月24日 (月・祝) 葉菜茶クリスマスイブライブ

出演 ながいよう・丸岡マルコ淳二
開演 15:00
チャージ カンパ制
     別途ドリンク(おやつ付) 500円
場所 和風カフェ葉菜茶
   大阪市生野区桃谷1-6-16
Tel 06-6777-5722 
[PR]

by nagai_yoh | 2012-11-20 07:40  

12月2日 (日) 古川ごう & ながいよう

出演 ながいよう・古川ごう
開場 午後5時30分  開演 午後6時30分
チャージ 2,500円 (ワンドリンク付)
場所 喫茶「のん」
   京都市左京区一乗寺宮の東町51-11
Tel 075-721-3260
[PR]

by nagai_yoh | 2012-11-20 07:34  

沖縄~大阪(11月26日)

昨日までの3日間凄くいい天気だったのに、今朝は雨。
9:30過ぎに恩納村のホテルをチェックアウトして、58号線を那覇方面へ。
途中に「イチローカレー」という店がありまして、「イチローカレー」ってどういう事かというと、根菜を使った薬膳カレーで、イチローに食べてもらいたいほど身体にいいそうです。
時間が早すぎて、残念ながら閉まっていました。
米軍の消防車が走っています。回送車かな?派手な塗装に眼が奪われます。
雨は降り続いています。小雨です。
どこでお昼ご飯を食べようかと考えていて、急に思い出しました。
高良レコード店に行かなきゃ!
サービス券を使わないと期限切れで無効になってしまう。                   今回買うCDは決めていました。
HYという若手のグループで、「時をこえ」という曲が聴きたいのです。
アマゾンでは扱っていません。(後日扱っている事がわかりました)
激しい雨の中を、以前も行ったバイキング形式で自然食が食べられる店へ。
食後、車中で早速HYのCDを聴く。
帰りの飛行機は20分遅れで那覇空港を離陸。
座席が狭い。ひざが前の座席に付きそうです。
少し前に酔っ払った米兵が傷害事件を起こしましたが、その事は彼女のお母さんも古謝美佐子さんも言っておられました。(古謝美佐子さんはその事件のあった店のすぐ近くに住んでいるそうです)
そして貯水タンク。
貯水池が一杯あるのに何故って聞いたら、あの水は米軍が優先的に使うのだそうです。しかも沢山使います。
何年か前に断水騒ぎがあってから、県が貯水タンクを奨励して普及したとの事。
知らない事はまだまだ一杯あります。
[PR]

by nagai_yoh | 2012-11-04 06:45  

ツール・ド・オキナワ(11月25日)

那覇のホテルの向かいに「島娘」というフーゾクがありまして、ホテルをチェックアウトしてこの「島娘」を写真に撮っていたら、彼女に「しょうもない物を撮るな」としかられました。
近くの波の上宮には七五三の親子連れが一杯いました。
すぐ横の久米孔子廟には中国からの観光客が。
車で58号線を北上、読谷村のアジアン食堂「シロクマ」で朝・昼食。
タイのチャーン・ビール、甘口でいい香りがしました。
この店は彼女の知人の息子さんがやっているそうです。
食後近くの町並みを散策。
鉄筋コンクリート造で屋上にステンレス製の水タンクがある、沖縄独特の家屋。
これを写真に撮りたかったけれど、個人の家にカメラを向けるわけにもいかず、あきらめました。
再び58号線を北上。
恩納村から名護へ。
サイクリング自転車がやたらと多いです。
名護の市役所を過ぎたあたりで、子供達がエイサーをやっています。
車を駐めて見に行きました。
サイクリング自転車の多いわけがわかりました。
23日~25日とツール・ド・オキナワが開催されていたのです。(ツール・ド・フランスの次に有名みたいです)
名護はそのゴール地点。
競技車がゴールするのを出迎える為に、子供達がエイサーをしています。
小さい子供でも凄く踊りの上手い子もいます。
芝生に腰を下ろして、しばし見物。
暖かい日射しです。Tシャツ1枚でOKです。
1時間ほどして車を本部方面へ。
橋続きの瀬底島を覗いて、本部の街中を走りぬけ、美ら海水族館を越えて備瀬のフクギ並木に到着。
前回見た今泊のフクギ並木より規模が大きくて、その分観光地化しています。
往復2.5Kmのフクギ並木を堪能しました。
海の向こうには伊江島の三角山が見えます。
夕陽を見ながら恩納村のホテルへ。
[PR]

by nagai_yoh | 2012-11-03 07:00  

デジカメ&古謝美佐子さん(11月24日)

彼女や彼女の両親と8時に朝食。
その後彼女の車で読谷村内を見て廻る。
実は来年新しいCDを作るのですが、そのジャケットに沖縄の風景を載せたいと思っているのです。前回のCDにも沖縄の風景を載せましたが、その時には沖縄へ行くマイミクさんにお願いして写真を撮ってきてもらいました。
で、今回は自分で撮るしかないなとデジカメを購入しました。
カメラを持つのなんて20年振りです。
あちらこちら写しましたが、なかなか難しい。
思うような画像になりません。
トリイステーション(米軍の通信基地)とその向こうに見える海を坂の上から撮影していたら、彼女が「衛兵がずっとこちらをにらみつけているよ」と言うので慌てて退散。
1987年知花昌一さんがスコアボード上の日の丸を焼き捨てた野球場を撮ったり、ガジュマルの木を撮ったり。
彼女の実家で昼食(タコライスでした)後、ご両親に「どうもお世話になりました。これからも宜しくお願いします。」と挨拶して出発。
那覇へ向かう車中「お父さん・お母さんは僕が訪問した意味を理解してくれただろうか?」という話になりまして、「でも友達だと紹介された男が娘(彼女の事)の部屋に泊まるんだから、分かるでしょう」と結論つけました。
那覇の何時ものホテルにチェックイン。
ホテルの主人が「今、セルラースタジアムで離島フェアというのをやっていて、凄く面白いですよ」との事。
行きたいけど時間が無い!
16:30までに豊見城市立中央公民館へ行かなければならないのです。
「沖縄県肢体不自由児者父母の会連合会チャリティーコンサート・古謝美佐子~いのちを歌おう~」というコンサートを聴きに行くのです。
いつもながら古謝さんの歌は素晴しい。
予定時間を30分もオーバーして歌ってくれました。
コンサート終了後、物販コーナーで古謝さんの最新のミニCDを買ってサインをしてもらう。
古謝さんの横にいたご主人の佐原さんに「6月23日に糸満のお寺でお会いして自分のCDを渡した者です」と言うと「ああ京都とかに住んでおられる」と言われるので「はい、大阪から来ました」と返事しました。
すると佐原さんが古謝さんに「大阪から来られたそうだよ」と僕を紹介。
握手してもらいました。
21:00にホテルに車を置いて、焼肉で夕食。
松山の「風華」へ。
[PR]

by nagai_yoh | 2012-11-02 06:58  

スーツで沖縄へ(11月23日)

ついにこの日がやって来ました。って言っても何の事か分かりませんよね。
それは追い追い書くとして、今回飛行機はピーチ・アビエーション。
関空の第一ターミナルからシャトル・バスで第二ターミナルへ。
LCC専用だそうで、「へぇー、こんなとこあったんだ」と驚きました。
飛行機は順調に15:10那覇空港着陸。
着いた所は貨物専用ターミナル。その一角にLCC専用のロビーがありました。
そしてシャトルバスで第一ターミナルへ。
彼女が車で迎えに来ています。
気温23度。大阪は14度でした。
身体がなかなか気温になじみません。
1時間ほど走って読谷村の彼女の実家へ。
居間に彼女の父上が座っておられました。
彼女の友達という風にお父さんには言ってあるそうで、とりあえず自己紹介。
「永井洋といいます。大阪から来ました。」
「やはりこちらは暖かいですね。大阪は気温14度でした。」
なんて事をポツリポツリとしゃべりまして、次は何をしゃべろうかと思案していたら、彼女の母上登場。
先ほどと同じ自己紹介をして、「こちらには何日いられるのですか」なんて聞かれて、後はテレビの相撲中継見ながら雑談。
もっと色々聞かれるかと想いましたが、考えてみれば初対面でそうそう根掘り葉掘り聞かないよね。
彼女の部屋に荷物を置いて、しばし休憩の後夕食。
テビチ、野菜の煮物、お刺身、海ぶどう。
「沖縄の料理は口に合いますか?」って聞かれて「とても美味しいです。」と返事。
この頃になってやっと気温に身体がなじんできまして、暑いと感じるようになり、失礼して上着を脱ぎました。
「こちらの冬は暖房とかするのですか」とお母さんに聞いたら、僕の後ろを指差して「エアコンつけました。」って。
防衛施設局がつけてくれたそうです。
ここ読谷村は嘉手納基地に近くて、航空機の騒音被害地区だそうです。
ですからサッシも防音サッシです。
「エアコンなんて欲しけりゃ自分のお金で買います。それよりもこの騒音を何とかして欲しい。」とお母さん。
たまたまこの日、飛行機は飛んでいませんでした。
静かな夜です。東三国のあのザワザワとした夜とは大違いです。
ご両親は8時就寝。
僕達は近くのスーパーに買い物に出て、帰って来て居間で泡盛と発泡酒。
とりあえずご両親と無事に出会えた事に乾杯しました。
[PR]

by nagai_yoh | 2012-11-01 07:02