よしだよしこ

彼女に最初に会ったのは1974年。
当時彼女はケメ(佐藤公彦)のサポートでギターを弾いていました。
で、そのサポートの仕事を長田TACO和承にバトンタッチするという事で、東京でのケメのコンサートの楽屋にTACOと一緒に行きまして、そこで初めて彼女に会いました。
中々ギター上手いやんと思いましたね。
その次に会ったのは2004年。
当時安治川口にあったヒポポタマスで彼女がライブをして、TACOがサポートをするというので聴きに行きました。
30年ぶりの再会でしたが彼女は昔の事は覚えていませんでした。
それからは年に1~2回関西での彼女のライブを聞きに行ったり、そのライブで少し歌わせてもらったりというお付き合いを続けています。
彼女は自作の歌以外にも、ジョニミッチェルの曲やザ・バンドの曲を訳したり、アメリカの公民権運動の歌を歌ったりと中々ユニークな歌うたいです。
天然なところがある人なので、穏やかな人生を歩んできた人かなと思っていたら、彼女の自伝を読んで驚きました。
まあ波乱万丈・紆余曲折、結構大変な人生だったみたいです。(この本はお勧めです)
で、7月15日(日)に大阪桃谷のマルコハウスで彼女と僕のジョイント・ライブやります。(16:00スタートです)
4月に京都で彼女とジョイント・ライブをやったのですが、好評で楽しかったです。
今回もきっと彼女は動物園前の安宿(少しましなドヤ)に泊まるのだろうな。
そういう場所になじんで楽しむ姿を見ていると、本当に女性ってバイタリティがあってパワーがあるなと思ってしまいます。
[PR]

by nagai_yoh | 2012-05-12 07:20  

<< 新しいCDの事 7月15日(日) こんな夕暮れに >>